不登校生・高校中退生・浪人生のための「個別指導」予備校

くまもと学舎「個塾」

お電話でお問い合わせは096-356-4408
メールアドレス

一人ひとり、個人個人を大切に。だから「個」塾

個塾の想い

「教育」を意味する英語educationの語源はラテン語で「能力を導き出す、引き出す」という意味をもっています。

不登校生や高校中退生、通信制高校生や浪人生、一人ひとりの内にある力を、勉強や受験を通して「引き出す」学びの場を創造したい、そんな想いで「個塾」を設立しました。

勉強しようと思うタイミングは、一人ひとり違います。大学に進学したいと思うタイミングも、一人ひとり違います。それで良いと思います。

年齢ではなく心の準備ができたとき、次のステップに進みたい、高校に行きたい、大学に行きたい、そう心が動いたときこそ、勉強を始めるタイミングだと思います。

そして個塾は、勉強を始める一人ひとりの状況に合ったところから、一人ひとりの状況に合った方法で、一人ひとりがゆっくりと安心して学べる場でありたいと思います。

押しつけでもなく、ただ待つだけでもない。一人ひとりの学力を引き出す学びの場、一人ひとりの自信や笑顔を引き出す学びの場、一人ひとりの志望校合格を引き出す学びの場、そして、一人ひとりの人としての成長を引き出す学びの場でありたいと思います。

個塾の合格実績

【大学】

信州大学(医学部)、大分大学(工学部・理工学部)、宮崎大学(教育学部)、関西大学(政策創造学部)、立命館アジア太平洋大学(アジア太平洋学部)、龍谷大学(国際学部)、京都産業大学(国際関係学部)、京都外国語大学(国際貢献学部)、関西外国語大学(英語キャリア学部)、名古屋外国語大学(現代国際学部)、福岡大学(工学部・理学部)、近畿大学(産業理工学部)、第一薬科大学(薬学部)、久留米工業大学(工学部)、西日本工業大学(工学部)、熊本保健科学大学(保健科学部)、熊本学園大学(商学部)、九州ルーテル学院大学(人文学部)、崇城大学(生物生命学部・情報学部)、東海大学(基盤工学部)、九州保健福祉大学(薬学部・社会福祉学部)

【高校】

熊本高等専門学校 熊本キャンパス、湧心館高等学校、菊池高等学校、真和高校、九州学院高等学校、ルーテル学院高校(特進コース)、慶誠高校(特別進学コース)、熊本国府高等学校、専修大学玉名高等学校、菊池女子高等学校、ひのくに高等支援学校

生徒の体験談

私は小学校5年生の頃から、学校に行かなくなりました。当時はどうして自分は周りと同じことができないのかが分からず怖くて、悔しくて、周りからの理解もなかなか得られず、毎日が苦しくてたまりませんでした。そんなとき、始めたのが勉強でした。勉強さえすれば周りから「ずるい」や「サボっている」と言われなくて済むと思ったからです。もちろん全員がそんな事を言ったのではありませんが、当時の私にはとてもつらい言葉でした。そして勉強を始めてから私の毎日は良くも悪くも変わりました。テストでよい点をとると友達から「すごいね!!」と言われるようになりました。しかしその反面私の心の中に悪い点をとったらいけない、また何か言われる、という脅迫的な気持ちが芽生え始めました。そんな気持ちを抱えながら気づいたら中学3年という人生の分岐点といわれる受験生になりました。
初めは私は受験はせず通信制高校に行こうと思っていました。しかし、母や友達の話を聞くと私も高校生活をしてみたいと思うようになりました。そこでみつけたのが個塾でした。
私は驚きました。なぜなら思っていた場所とはまるで違っていたからです。なんというか私の中で「塾」というのは堅苦しいイメージで生徒が死んだような眼をしていると思っていたのですが個塾ではみんな笑っていました。なんだか塾全体がやわらかくてふわふわした感じがしました。また、勉強では今まで独学でしていたこともあり、人から教わるのが楽しくてしょうがなかったです。分かったときのすっきりとした感じがうれしくてうれしくて、私の中で勉強が「しなきゃいけないもの」から「分かったら楽しいもの」に変わっていきました。
4月から高校生です。これから始まる高校生活で、友達作り、学校の授業、文化祭、どれも不安なような楽しみなようなそんな気持ちでいっぱいです。しかしこの数年やりたくても逃げてきたことなので頑張ってみようと思います。本当に有難うございます。

個塾の特徴

1

一人ひとりに合わせた個別指導を実施

年齢・学力・希望進路などに応じて、一人ひとりのカリキュラム・時間割を作成します。そして、教科書、塾・予備校教材、入試問題など、一人ひとりに合った教材を使って、一人ひとりのペースで基礎からじっくりしっかり指導します。個別のカリキュラム・個別の時間割・個別の教材・個別の教科指導です。
また、学習計画表を使って個別面談を行い、学習計画の作成・実行・振り返り・修正といった一連の流れを一緒に練習し、自分で計画を立て自分で生活を律する「自立」・「自律」の力を養っていきます

2

一人ひとりに合わせた勉強方法を実現

開塾時間は、月曜~金曜日は9:00~18:00、土曜日は9:00~15:00。時間内なら、何時からでもスタートできます。前もって通塾曜日・時間を決めておく「月謝制」と来れるときに通塾する「チケット制」があり、通学ペースや時間を一人ひとりに合わせられるので、無理なく、ゆっくり勉強できます。入塾当初は自分の生活リズムに合った時間で通い始め、最終的には高校生活や大学生活に困らないよう、朝から動ける規則正しい生活リズムに整えていきます。

3

進路ガイダンス、キャリアガイダンスを定期的に実施

自分にどんな進路があるのか、世の中にどんな職業があるのか、自分にどんな適性があるのか、大学入試にはどんな種類・方法があるのかなど、自分を知り、進路意識を高め、未来をつくる力を養っていきます。

4

塾内で全国規模の大学受験模試を実施

大学受験生は年6回、塾内で「進研模試」を実施します。受験するだけでなく、到達点の確認と今後の取組みを一緒に考えます。その他、高校受験生も含め、慣れない会場で試験を受ける練習として、熊本大学や県内各高校等で実施される模試受験を推奨しています。また、外部模試がない月は塾内模試を実施しています。

5

塾内で各種検定も実施

各種検定の準会場となっているので、塾内で英検・漢検・数検・理検などを実施します。中学校の内申書、高校の調査書に記載できるだけでなく、スキルアップや自信獲得にもつながります。なお英検は、現在の大学入試や、新たに導入される共通テストで活用されるので、大学受験生には今後一層重要になっていきます。

6

生徒・保護者を対象にしたカウンセリングを実施

くまもと心理カウンセリングセンター(代表・岡崎光洋先生)との提携により、定期的にカウンセリングを実施し、生徒・保護者を心理面でもバックアップしています。
また、レクレーションやコミュニケーション・トレーニングなど、人とのかかわりについて心のハードルが低くなるような取り組みも行っています(参加は自由)。

開塾時間

月~金 9:00~18:00
9:00~15:00

※日曜・祝日のほか、当塾の定める日は休塾。

開講コース

通塾コース フリーコース 対象は、浪人生や勉強に慣れてきた人。開講時間内は時間無制限(フリー)に勉強できます。
時間コース 対象は、中・高校生、勉強し始めの人。1日1コマ(50分)~4コマ(200分)勉強できます。
オンラインコース 対象は、社会人や自宅が遠いなどで通塾が困難な人。1回50分、Skypeでつないで勉強できます。

※各コースとも、1時間は50分です。

学費

●コース共通

入塾金 15,000円

●コース別学費

学費は、現金持参による完全月謝制です。
だから、①安心して毎月自分のペースで日数やコマ数を選べます。②季節講習費はかかりません。

フリーコース 72,000円/月
時間コース 月謝制
(日時固定)
週1日
(月4日)
週2日
(月8日)
週3日
(月12日)
週4日
(月16日)
週5日
(月20日)
1コマ/回 8,000円 15,000円 22,000円 26,000円 30,000円
2コマ/回 15,000円 26,000円 36,000円 44,000円 48,000円
3コマ/回 22,000円 36,000円 46,000円 56,000円 60,000円
4コマ/回 26,000円 44,000円 56,000円 64,000円 68,000円
チケット制
(随時予約)
1コマ/回 2コマ/回 3コマ/回 4コマ/回
4回分 12,000円 19,000円 26,000円 30,000円

※チケットは、定期的な通塾が難しい場合や、月謝制と併用して柔軟に通塾したい場合に使います。

オンラインコース 4回分(50分/回) 18,000円

●注意事項

1日の流れ(時間割例)

一人ひとり、そのときどきの状況から「ちょっと頑張って」達成できる時間割を作成します。受講コースや通塾日数などは、1か月ごとに変更できます。

◎中学校不登校生Aさんの場合

週1日午後、「通塾コース/時間コース/2コマ」でスタート。高校進学に向けて、少しずつ通塾日数を増やしたり、「時間コース/4コマ」や「フリーコース」などにコースを変えて勉強時間を長くしたりする予定。

13:00-13:50
14:00-14:50 英語
15:00-15:50 数学
16:00-16:50
17:00-17:50

◎高校中退生Bさんの場合

早朝から午後1時までアルバイトをしながら、週3日14時から「通塾コース/時間コース/4コマ」で勉強して、高卒認定試験と私立大学(文系)合格を目指します。

13:00-13:50
14:00-14:50 英文法
15:00-15:50 英文読解
16:00-16:50 古文
17:00-17:50 日本史

◎大学受験浪人生Cさんの場合

大手予備校だと高校時代の友達と遊んでしまうので、毎日「フリーコース」でひたすら勉強。自分のペースで基礎から力をつけて、国立大学(理系)合格を目指します。

9:30-10:20 英文法
10:30-11:20 英文読解
11:30-12:20 古文
12:20-13:00 昼休み
13:00-13:50 数学IA、ⅡB演習
14:00-14:50 数学Ⅲ
15:00-15:50 物理
16:00-16:50 化学
17:00-17:50 世界史

よくある質問

Q 通塾手段はどんな方法がありますか?
A 市電の場合は、B系統「洗馬橋」電停で下りて、徒歩1分です。
バスの場合は、交通センターで下りて、徒歩10分ほどです。(通学定期券がつくれる場合もあります)
車で送ってもらう場合は、ビルの下に車を止められるスペースがあります(2台分ほど)。
乗降する場合は危なくないように気をつけながらそちらでどうぞ。
洗馬橋電停から見た錦桜町ビル
<洗馬橋電停から見た錦桜町ビル>
交通センター方面から市電(B系統・上熊本行き)沿いにくるとこんな風景です
<交通センター方面から市電(B系統・上熊本行き)沿いにくるとこんな風景です>
エレベータ&階段、どちらでもどうぞ
<エレベータ&階段、どちらでもどうぞ>
3階、つきました。“個塾”です
<3階、つきました。“個塾”です>
Q 先生は何人ですか?
A いつもいるのは2人です。理系科目と文系科目で分かれます。何でも聞いてくださいね。
Q どんな生徒のみなさんが通っていますか?
A 中学生から社会人まで様々です。男女比も、その時その時で様々です。みんなで一緒に何かをすることがあまりありませんが(授業は個別。レクレーションも強制ではありません)、たまたま気があったりして友達になる生徒たちもいます。自分のペースで勉強したい生徒が多いので、落ち着いた雰囲気です。
Q 勉強してみたいけど、続けられるか自信がありません。
A 心配なら、チケット制でスタートしてはいかがでしょう。来れそうなときに、前日までにご予約ください。決まった曜日・時間にして習慣にしたいのであれば、週1回の2時間コースにしてもよいかもしれません。月謝制ですので、月ごとに変更できます。
以下は、以前の生徒の通塾例です。
<通塾例>中学校不登校生(中2で入塾し中3卒業まで)
  1. チケット制で来れるときに週1回ほど通塾
  2. 月謝制で週1回に固定。生活リズムを徐々に朝型へ
  3. 月謝制で週1回にチケット制をプラスして、週2以上で通塾する練習。徐々に通塾日数を増やし、慣れてきたので滞在時間も増やすため、午後からの半日コースへ
  4. 中3で卒業するころには友達もでき、毎日通塾
Q お昼休みや休み時間は、生徒のみなさんはどうやって過ごしていますか?
A お友達とおしゃべりする子もいれば、近くのコンビニに買い物に行く生徒もいます。
イヤホンで音楽を聞いたり、スマートフォンやタブレットでゲームをする生徒もいます。みんなそれぞれです。自由に過ごしています。
Q 教室内はどんな雰囲気ですか?
A 教室は2つです。一度に10人ほどしか入れません。教室の机は比較的大きいうえに、隣の席とスペースが少しあるので、1人1人の空間が広いです。わりとゆったり過ごせます。どちらの教室で、どこの机で勉強してもかまいません。教室(2)の窓際の席は、景色が良いですよ。
教室は2つです。
<教室は2つです。>
教室(1)です
<教室(1)です>
教室(2)です
<教室(2)です>
教室(2)の窓際の机です。(金峰山が見えます。景色がいいですよ。)
<教室(2)の窓際の机です。(金峰山が見えます。景色がいいですよ。)>
Q 現在、学校の保健室に通って自習をしています。教室にいつかは入りたいと思っているのですが、勉強の遅れが心配です。
A 平日は学校の保健室に登校し、夕方の2時間コースでくる生徒や、土曜日午前にくる生徒がいました。少しずつ勉強の遅れを取り戻して、自信がついたら、教室に入る練習をしたりしていましたよ。少しずつでいいと思います。まずは、勉強したい気持ちを大切にして、つまずいたところからゆっくり勉強を始めてみてはいかがでしょう。
Q 学費の支払い方法を教えてください。
A 入塾月は通塾初日に入学願書とともに入塾金と初月度学費を持参していただきます。次月分以降は、当塾にて月謝袋をご用意します。月謝制の場合、月ごとにコース・日数を変更できますので、ご家庭でご相談の上、相当する学費を毎月28日までに生徒に持たせてください。チケット制の場合、新たなチケットを購入したいときに学費を生徒に持たせてください。
生徒がお金のありがたみを感じられるよう、目に見える形で学費を徴収しています(生徒は両手で月謝袋を渡すようになります。)。
Q 休んでしまった時、振替授業はできますか? 体調崩してしまった時、休塾もできますか?
A はい、どちらもできます。ただし、振替授業の回数は通塾日数によって異なります。休塾については、休塾期間によって入塾金が必要となる場合もあります。どの形が良いのか一緒に考えましょう。ご相談ください。
Q 1回の通塾で教えてもらえる科目数に制限はありますか?
A いいえ、ありません。何科目勉強しても大丈夫ですよ。ただ、何かを身につけるには、ある程度まとまった時間が必要だと思いますので、1科目につき1時間は勉強してほしいですね。
Q 季節講習はありますか?
A はい、あります。ただし、普段から通塾している生徒については、講習費用は不要です。

年間行事予定

4月 第1回高卒認定試験出願
進研模試
5月 塾内模試①
レクレーション
6月 進研模試
7月 進研模試
8月 第1回高卒認定試験
塾内模試②
数学検定
レクレーション
9月 中3生第1回共通テスト
第2回高卒認定試験出願
進研模試
10月 センター試験出願
進研模試
漢字検定
英語検定
11月 中3生第2回共通テスト
第2回高卒認定試験
進研模試
理科検定
12月 塾内模試③
レクレーション
1月 中3生私立高校入試
大学入試センター試験
進研模試
2月 私立大学一般入試
国公立大学前期試験
進研模試
3月 中3生公立高校後期選抜
国公立大学後期試験
レクレーション

※レクレーションは自由参加です
※このほか、進路ガイダンス・カウンセリングが定期的に入ります

代表挨拶

代表:奥島久貴(おくしま ひさたか)

不登校生や高校中退生の希望進路実現に携わって20年以上。この間、勉強を通して自分に自信と希望をもつ、受験という試練を通して精神的に強くなる、そんな生徒を数多く見てきました。
現在は、居場所としてのフリースクールや通信制高校が数多く存在するようになりましたが、私たち個塾は学習指導を中心に据え、不登校生や高校中退生が志望校合格を目指して力強く成長していく姿を応援します。

入塾までの流れ

1

問い合わせ ・来塾予約

「勉強しよう、勉強しなきゃ」と思ったとき、不登校生・中退生・通信制高校生・浪人生の本人あるいは保護者の方が、電話またはメールで来塾希望日などをお伝えください。ご来塾頂く日時を調整します。

2

来塾・相談

今の状況、そしてこれから向かいたい未来、悩んでいることなど、個別にいろいろご相談ください。一緒に考えていきましょう。ご来塾頂くことで、塾の雰囲気を肌で感じて頂くこともできます(無料授業体験もできます)。
大切なのは、これまでの「学力」ではなく、今から勉強して未来を切り拓こうという「やる気」です。

3

申込み・受講開始

「個塾で勉強してみよう」と思った場合、ご連絡ください。勉強スタート日を調整します。通塾初日に入学願書および、入塾金と初月度学費をご持参ください。受講開始です。

さぁ、一緒に頑張りましょう。

お問合せ・見学のお申込など

電話番号: 096-356-4408
メールアドレス: mail@k-cojuku.com

ページ上部へ